陸上トレーニングメモ(2016.6.4)

 

きょうはジョグ20分のみ。

昨日、整形外科に行った際のアドバイスを参考にして。日ごろからジョグで体を慣らしておいたうえで、強度の高いトレーニングをさしはさむのがいいと。

きょうは体を慣らす目的。

20分走るだけでも大量に汗が出るし気持ちいいなー。

走り始めは腰が、ぎっくり腰を10とすると6~7くらいのレベルで痛かったけど、10分ほどして体がこなれてくると痛みがやわらいだ。いつもはそこでいい気になってスピードを上げていたけど、きょうは終わり。

ジョグだけを当分続け、かつ回数を多くして走れる体をつくっていこう。

以上

Continue Reading

腰と頸椎のレントゲン

 

たまらずに整形外科に行きました。

腰。

走っては痛みがぶりかえし、休んでは痛みがすこし治まり、走ってはぶりかえし。

しかも腰の痛みはかなりひどい。

ヘルニアだったらどうしよう……。

その心配から、とりあえずレントゲンで骨をみてもらうために整形外科に。

結果、先生曰く、すごいきれいな背骨の並びでなんら問題なし、という拍子抜けというか、うれしいお言葉を頂戴しました。

首の頸椎(けいつい)もついでにレントゲンをとったけど、同じくきれいな骨の並びで問題なし。(ちなみに、いまはストレートネックとは言わないようです)

ではなぜ腰が強烈に痛むのか。

おそらく。

ふだん座り仕事で腰の筋肉ががちがちに固定されているところ、1週間に1度と間隔のあいたペースで比較的強度の強いトレーニングを入れてしまうから。じゃないかということに。

たとえ10分20分でもいいので、2日に1度くらいのペースでジョギングをして、腰や体がつねにほぐれた状態をキープしながら、強めのトレーニングを入れていけばいいのではと。

ほんまもっともな話。

やはり「座る」という姿勢自体、人間の体には良くないようです。

走れる体になるために、走る。

走って治す、という発想自体は間違っていなかった。

トレーニングの時間がとれたら、せっかくやし、ということでどうしても強度を強めてしまうけど、ジョギングだけですませる日を増やそう。そして回数も。

***

※整形外科の先生いわく、「ぶら下がり健康器」は、腕の力の弱い人は効果を得るのはむずかしいとのこと。ぶら下がる際に(力が弱いがために)腕に過度に力が入り、体を脱力できていないというのがその理由。ぶら下がり健康器で効果を得るためには、できる限り腕に力を入れずに体全体の力を抜いてだらーんとするのが大事と。

Continue Reading

陸上大会の審判員に

陸上のトレーニングの話ではないですが、きょう、いろいろなつながりで地元加東市の中学校陸上競技大会の審判員をやりました。

選手としては数限りなく試合に出てきたけど審判は初めて。

たいへんでしたが、審判の先生方の支えがあるからこそ選手は試合に集中できるんやと実感。気づくのにちょっと時間かかりました、笑。

20年ぶりに母校(社高校)のグラウンドに。懐かしすぎた。

13312835_1005394609568127_6193705012693199290_n

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2016.5.15)

旧ブログ(『走る編集ライタートレーニング日記』)の更新をストップしてからエバーノートで管理していた陸上のトレーニングメモを以降、このブログに記していきます。


 

練習仲間のレイチェル(日本人です)と加古川の陸上競技場で練習。

ジョグとストレッチをしたあと、軽いフロートをした時点で腰に激痛。腰が痛いとかいうレベルではなく、完全に故障のレベル。

経験則からいって走ってはいけない状態だったけど、「せっかく競技場まで来たのに……」というせこい考えが脳裏に浮かび、じわじわ体をあたためて腰の激痛をなんとか和らげようと努力。

結果、走れないことはないレベルまで回復したため、強行突破。

100m×3本。

腰が痛いのでへっぴり腰になりながら1本目、13秒…タイム忘れた。

100を走ったことで腰の痛みが麻痺したのか少し楽になり、2本目は12秒5。走ってはいけない人が走っていることを思えばまあまあいい感じ。

3本目、次は12秒前半と勢い込んだが、13秒0。練習不足すぎて、2本目で体力尽きていた。

練習後はいつも行く中華の店(中華飯店てんじく 野口店)でメシ。ビール飲みたかったけど車なので我慢。家で飲むぞー。

それにしても明日以降の腰が心配。

以上

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2016.5.7)

旧ブログ(『走る編集ライタートレーニング日記』)の更新をストップしてからエバーノートで管理していた陸上のトレーニングメモを以降、このブログに記していきます。


 

近所の堤防でトレーニング

・10分ジョグ
・もはやジョギングに近いスピードの坂ダッシュ50m×10本
・100m×3本
・200m×1本

4月29日に出場した「50mダッシュ王選手権 in奈良」で腰を痛めつけたようでとにかく腰が……。でも体が温まると次第に痛みが消えたので練習を継続。

坂ダッシュは〝ダッシュ〟という言葉を使うこと自体おかしいと思えるほどスローな感じで10本。最初は腰が強烈に痛かったが次第に馴染んできた。

100mは50mのラップも含めてタイム測定。1本目は様子見で50m通過7秒1、100m12秒6。思ったよりいい感じ。

2本目は50m通過7秒0、100mタイム計測ミス。

3本目は50m通過6秒8、100m12秒3。3本目はがんばりました。ぼくは100mは苦手で現役時代でも11秒2程度だったので、この年齢(38歳)でこれだけの練習量で12秒3は嬉しい。競技場でスパイク履けば11秒台も見えてきた。

最後はおまけで200m。100mを走ったあと休みなしで。走れるわけない。150m通過は21秒台、200mは32秒7。最後はジョギングのようになった。

体中の血を動かす大切さ。

缶詰で原稿を書き続けて脳みそがパンクしそうなとき、何となく鬱々してやる気がないとき、重い腰を上げて走ると体中の血がかき回されてエネルギーが満たされる気がする。波動が高くなり、新しいことにチャレンジしようという気力が充溢してくる。血液中の老廃物も動いて体外に排出され、すっきりとする。

以上

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2016.4.24)

旧ブログ(『走る編集ライタートレーニング日記』)の更新をストップしてからエバーノートで管理していた陸上のトレーニングメモを以降、このブログに記していきます。


 

缶詰状態で原稿執筆中。一週間ぶりに、一瞬だけ缶詰をプシュッとあけて40分ほどトレーニング。

近所の堤防でトレーニング

・10分ジョグ
・50m×2本
・150m×1本

ジョグのあとフロートをして50m。2メートルほどの追い風に乗って。1・2本目とも手動で6秒78。6秒7は切りたかった。3本走る予定だったが腰に違和感が出たのでやめて150mで締め。150mは計測ミス。たぶん、100mのラップは12秒2。150mは18秒台っぽい。ラップを図ろうとしてへんなことになったが、たぶんそのくらいのはず。

***

練習時間をとるのがむずかしいなー。ぼくの場合、仕事の合間を抜け出す感じで練習しているので、物理的に1時間の練習といっても、スパッと割り切れない面もある。短い時間のトレーニングでも追い込むし、心拍数も上がるから血液が体にまわり、脳みそが「ふわー」ってする。だから練習後のアタマは使い物にならないことも多い。

***

でもきょうはあえて、練習後にすぐ仕事に取りかかってみた。

練習後にシャワーを浴びているときから頭を仕事モードになるべく切り替え、ストレッチ後にすぐデスクに座ってみる。

結果。

幸い、いま書いている書籍の原稿の章と章の切れ目にトレーニングを組み込んだので、ちょうどいい頭の切り替えになり、これから書く章の原稿の展開がダーッと一瞬ででき上がった。血液は体に回っているけど、ギュッと集中すれば「ふわー」っとなった頭でも働くことがわかった。

トレーニング前は、1時間ほどうんうんと唸っていた原稿の展開が、練習をはさんだことで整理され、するすると1本の糸になった感じ。

走ることで頭を整理し、仕事に活かす。

そんな副次的な効果を実感できた点で、きょうのトレーニングは収穫だった。

アイデアが浮かぶ「馬上・枕上・厠上」の話を以前ブログ(『アイデアが閃く三つの場所。ぼくの場合は……』)に書いたけど、ぼくはそこに「陸上」を加えたい。

「馬上・枕上・厠上・陸上」――すなわち「四上(よんじょう)」

以上

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2016.4.16)

旧ブログ(『走る編集ライタートレーニング日記』)の更新をストップしてからエバーノートで管理していた陸上のトレーニングメモを以降、このブログに記していきます。


 

ほんとうは明日、練習仲間のレイチェル(日本人です)と合同練習の予定だったけど、当分自宅で缶詰になって原稿執筆なので延期。

きょうは一瞬だけ缶詰をあけ、体操やシャワー、このブログを書く時間も含めて1時間練習。

近所の堤防でトレーニング

・10分ジョグ
・50m×2本
・100m×1本
・150m×1本

ジョグのあとフロートをして50m。5メートル以上の強烈な追い風を利用して。1本目6秒8。最初の数歩は腰をかばって抑えているけど、その後はほぼ全力。いまの限界。この1本で体力尽きて、2本目は7秒1。足がもつれそうになった。
100mは少し力を抜いて13秒7。腰の違和感が強まったため1本のみにして、少し休んで150m。ほぼ全力で18秒4。練習再開して3回目、腰も治ってない状態なので上出来だと思う。

たかが1時間、されど1時間。

1時間でも有意義に使えばこれだけの練習ができる。ただ、仕事の合間だと、練習を組み込むタイミングが難しい。きょうは、書籍の原稿のひとつの章が終わり、次の章に移るタイミングだったので頭の切り替え的にも役立ったはず。

被災地はいまも余震が頻発して大変ななか、ぼくにできることは、最低限すべきことは、いま目の前のことを一生懸命にやることかなと、仕事も陸上の練習も、がんばることにしています。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2016.4.9)

旧ブログ(『走る編集ライタートレーニング日記』)の更新をストップしてからエバーノートで管理していた陸上のトレーニングメモを以降、このブログに記していきます。


 

近所の堤防でトレーニング

・15分ジョギング
・アスリートから見ればダッシュなんて言えない程度の坂道ダッシュ50m×5本
・50m×1本
・100m×2本
・150m×1本

前回、腰痛を抱えながら半ば無理やり走っても、後日、大きな痛みが出なかったので本格的にトレーニングを再開。とはいえ様子を見ながら慎重に。

軽くジョギングしたのち軽く坂道ダッシュ。

そののち、4月末の奈良県ダッシュ王選手権を見据えて50mダッシュをやってみる。前傾姿勢になると腰が痛いので、最初の数歩の駆け上がりができない。だいぶ抑えて走って7秒50。ガーン。軽く走っても7秒前半くらいではいけると思っていたのでショック。でも練習ほとんどしていないので仕方ないねえ。

50mで腰に違和感が出たので距離を伸ばして100mに。50mもそうだけど歩数で距離をはかっているので少し誤差あり(50m、100mとも若干長めに走ってるはず)。

100mは体力不足でダッシュというより、300m走のようにふうふういいながら。タイムは1本目15秒0、2本目14秒7。笑。小学校低学年の速い子にも負けますなー。

最後は150mで締め。20秒は切ろうと意気込んで走り19秒1。いまの段階では上出来です。次回の自分に期待。

***

走って治す、という選択肢。

体を故障するといろいろな治療法があるけれど、ときに、あえて走ることで治りが早くなることを経験上知っている。今回はそれを試していまのところうまくいっている。下手すると症状を悪化させるけど、うまく走れば、走ること自体が治療になる。

以上

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2016.4.3)

旧ブログ(『走る編集ライタートレーニング日記』)の更新をストップしてからエバーノートで管理していた陸上のトレーニングメモを以降、このブログに記していきます。


 

近所の堤防でランニング

・15分ジョギング
・坂道ダッシュ30m×5本
・150m×3本

ことしに入って腰を痛めてまともに走れないなか、軽くジョギングしたのち、おそるおそる坂ダッシュをやってみる。ジョグより少しスピードを上げた程度で様子見。意外と走れるので2本目はもう少しスピードアップ。腰が痛い。しかし走れなくもない。「まあええか、痛めても」という境地に達し、もう少しスピードを上げると痛いながらも走れた。

調子に乗って150mを走ってみる。エバーノートの記録を見ると、昨年の11月21日以来、まともに走っていない。ので慎重に走ってみるが、腰痛よりしんどさが勝って意外と走れる。あとの2本は少しペースを上げて。2本とも20秒程度。これがいまの限界。

腰痛はカイロに2度ほど通って少しましになったものの、以降も一進一退。たまに足先のしびれが出る。整骨院でレントゲンをとる予定。最近、ある箇所の背骨が突き出てきて床に寝転ぶと痛い。変形性脊椎症の疑いもあるかもしれない。

以上

Continue Reading

フリーランスが実践する補強エクササイズの効果とは?

「走る編集ライター」としての記念すべき投稿第一弾。

このブログは「走る編集ライターとして陸上競技の日々のトレーニングについても書こう」と勢い込んで立ち上げたものの、ことしに入って腰を痛め、いまだ満足に走れず。4月末に奈良県のダッシュ王選手権というイベントに4歳の娘と出場するのですが、間に合うかどうか。

***

走れなくても、補強トレーニングはずっと続けています。

内容は次のとおり。

・腕立て伏せ
・片足スクワット
・腹筋
・ハムストリング補強
・上腕三頭筋補強
・片足引きつけ

これらを風呂に入る前に100回連続で行います。

腕立て伏せ、片足スクワット、腹筋は説明不要なので割愛。

ハムストリング補強は上向きに寝ころび、片足を階段の1段目にかけてお尻を引き上げるエクササイズ。ハムストリングに意識を集中し、初動に負荷をかけ、リズミカルに行う。

上腕三頭筋補強は階段の1段目に両足をかけ、両腕を後方についてお尻を浮かせ、逆・腕立て伏せのように上腕三頭筋に刺激を与えるエクササイズ。

片足引きつけは壁に両手をついて立ち、片足をもも上げのように素早く上下させるエクササイズ。走る際に足を引き上げる大腰筋(だいようきん)をいじめるように鍛える。

***

これらの補強をフリーランスに転向した2008年以降、継続しています。毎日ではないですが、長い視点でみるとこの8年間、途切れることなくずーっとやっています。平均すると、週に3回から4回くらいでしょうか。

筋力は年齢とともに衰えはするものの、その速度を少しは食い止められている気はします。見た目の体型、体重もいちおうキープできているのもこの補強がきいているかも。

***

でも補強のいちばんの効果はフィジカル面以外で感じています。

それはベタですが「継続する」こと。

フリーになると会社に出勤しなくなります。決まった時間に起きるというルーティンは半ば強制じゃないとむずかしかったりするので、結果、フリー転向後は生活がだらけてしまいがちになります。

ぼくの場合、フリーランスになってからしばらくの間、陸上競技再開の準備のために毎朝、出勤していたよりも早く起きてランニングをしていました。いま思えば、それがだらけ防止に役立っていたかもしれません。

早朝ランニングはカラダがある程度動くようになってからはやめて、その代わりはじめたのが前述の補強。

自由に生活できる環境のなかに、あえてルーティンを組み込む。それをしんどくてもやり続ける。しない日があってもいいけど、きょうはしていないと心に留め置いておくルーティングがあるということ。

このちょっとした〝面倒くささ〟が自分の背筋を立たせる軸になるのかなと、8年継続してなんとなく思います。

Continue Reading
1 4 5 6