陸上トレーニングメモ(2017.6.17)

近所の堤防でトレーニング。

・2キロジョグ
・基本ドリル
・坂道バウンディング×5本
・50m×3本
・100m×2本
・150m×1本

きょうは練習始めの体のだるさはまし。

基本ドリルを多めに。脚の引きつけ、ラダーの速い動きを重点的に。

基本ドリルをすると体の反応が良くなり、体を動かしやすくなる。

坂道バウンディングはなかなか好調。ただ体力が5本持たない。試合で立ち五段に出る際、1本目にすべてをかけるつもりでのぞむべし。

のち50m。右ハムストの筋がはっているので少し様子見で。それでも1本目と3本目に6.9程度。動きはよくなっている。

100mは1本目12.4、2本目12.6。けっこういいイメージで走れた。

150mはおまけ的。あまり休憩を取らず。21.6。100mで体力使い果たしてへろへろの走り。でも体づくりという点で意味はあった。

***

もうひとつおまけ。夕焼けの水田。美しい。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2017.6.10)

近所の堤防で陸上のトレーニング。

・2キロジョグ
・基本ドリル
・坂道バウンディング×5本
・50m×2本
・100m×2本

きょうは昼から2時間ほど自転車で近所を散歩。

その後、少し休んで走り始めるも、強烈に体がだるく、「きょうは軽めで」と心の中で。

ジョグののち、ラダートレーニングを模した基本ドリル、脚の引きつけを意識した基本ドリルを少々。このころから次第に体が動き出す。

のち、坂道バウンディング。すると最高記録。坂道バウンディングを始めた当初と比べると50センチ程度はアップ。

最近、片足スクワットを初めて足腰が強くなった気がするのでその成果が出始めたのかも。片足スクワットは膝に負担がかかるので慎重にする必要はあるけどこれはいい。しばらく続けよう。

のち、50m。左ハムストの筋がはっているので少し抑え目に。1本目7.25、2本目6.99

50mはハムストがこわいので100mに切り替え。

スタート後は前傾を意識し、中間走は脚の引きつけを意識して前回転になるよう。後半はがんばる、笑。

思いのほかよく1本目12.35(少しストップウォッチのタイミングが早かった)。2本目12.54

100m、タイムはそれなりだけど、いいイメージで走れた。

スントのGPSで瞬間時速33.9。これまでで最高を記録。次は35キロ目指します。

それにしても、走り始めの体のだるさ、どうにかならないか。

しかしだるさにくじけそうになってトレーニングを始めた日は、意外にも途中から体が動き始めることが多い。

「きょうは軽めで」と始めたのに、結局、ちゃんとトレーニングをしてしまった。

体って面白いなあ。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2017.5.29)

仕事の合間に近所の堤防で陸上のトレーニング。

座り仕事をしたあとのトレーニングはとにかく体がだるい。

きょうはひざ下がパンパン。とくに前脛骨筋(ぜんけいこつきん、ふくらはぎの前側の筋肉)が。

体をほぐす意味でキロ5分半から6分弱で2キロ程度のジョギングを取り入れている。ジョギングすることで血流がよくなり、少し体が楽になってくる。

ジョグのあと、流しを2本。

これで体がだいぶ動くようになる。

そののち、坂道バウンディングを3本。

集中して3本。いままでで一番跳べた気が。接地のタイミングで力を入れて跳べるようになってきた。腕を意識して使うと距離が伸びた。

のち、50m×1本

刺激を入れる意味で。右側ハムストの筋がはっているので、少し様子を見ながら。それでも6.81。少し向かい風。体感よりもタイムがいい。体が少しずつできてきているのかもしれない。

のち、幅跳びの全助走のイメージ走。18歩で。

最初は大股で腰を乗せて。その後10~14歩程度まで加速。最後15~18歩までリズムよく駆け上がり全力近くに到達するイメージで。ゴーロクシチハチッ!と。

GPSで計測すると全助走走でも50mと同じ程度の速度が出ていた。良い感じ。

ただ、全助走走は疲れる。1本走って体のキレがなくなってしまった。

全助走での幅跳びは、1本目が勝負だ。

※走り始めはひざ下がパンパンにはっていたが、流しのあたりからほぐれてよく動くように。足がはっている日は、意外と温もると調子がよくなるかも。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2017.5.26)

仕事の合間に近所の堤防で陸上トレーニング。

約2キロジョグしたのち、坂道バウンディング×4本

それほど調子はよくなかったが、これまでで一番距離が出たように思う。バウンディングに必要な筋力が高まってきたかもしれない。

のち、50m×4本、100m×1本

左ハムストの筋がいまだ張っているけど、今日は全力で。

追い風を利用して。50mで一番速かったのは6.65。完全に風の影響です。でもこのスピードで走れたことが大きい。体を速い動きに慣らしていかないと。

バウンディングと50m4本で疲れ果て、100mは13.1。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2017.5.18)

仕事の合間に近所の堤防でトレーニング。

1キロちょいのジョグののち、坂道バウンディング×10本。

のち、50m×1本、幅跳び助走走×5本、100m×2本

左ハムストの筋が張っていてスピード練習できず。幅跳びの助走走を歩数計算で。

踏切時にトップスピードに近づけるイメージで。全助走は18歩だが、20歩に増やすとスピードに乗りやすいかも。

***

5月14日は小野市のアルゴでウエイトトレーニング

いつも通り、クリーンや各種のトレーニングに加えて、25キロのバーベルを持ちスクワットジャンプ×10回、足を交互に開くスクワットジャンプ×10回。これを4セット。太ももや大臀筋、ハムストに大きなストレスがかかった。

これはいい練習。このスクワットジャンプもトレーニングに組み込んで体をつくっていこう。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2017.5.15)

近所の堤防で陸上のトレーニング。

軽くジョグをしたのち、坂道バウンディングを10本。

和歌山マスターズで立ち五段をして以来のバンディング。感覚的に非常によかった。腕で体を前に引き出すイメージもできた。跳躍距離も前回坂道バウンディングをしたときよりも少し伸びた感じ。

最初の2歩でいかに初速をつけられるかが、立ち五段で記録を伸ばすひとつのポイントと感じる。

初速がついたあとは、体の軸を保って鋭く接地し脚を素早く切り替え、腕も使って体を前に強く引き出す。接地時に体をそらせないこと、意識としては若干前傾するくらいが軸をつくるうえでいい。

***

その後、50m×1本、100m×5本

本当は50mを5本と思っていたけど、奈良のダッシュ王で右の大臀筋からハムストにかけての筋を痛めていて、きょうも違和感があったので100mに切り替え。100mは4本のつもりだったが、あとでSUUNTOのmovescountを見ると5本走っていた。

100mは7~8割程度で。きつかったが良いトレーニングになった。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2017.4.29)

近所の堤防でトレーニング。

昨日から調子が良くなく、きょうは腹を壊しているけれど、明日は昼間家族でお出かけなので走っておこうと。

2キロジョグをしたのち、体に刺激を入れる意味で軽めの坂道ダッシュを3本。

のち、50m×3本、100m×2本

500mは1本目7.14、2本目7.01、3本目7.23

走った感覚やスピードの出方のイメージはわるくないのにタイムがまったく伸びない。お腹の調子が良くないので体に力が入らないのかも。

100mは1本目12.67、2本目12.79

50mの途中で足がしびれ出していたので若干、貧血気味かなと思いながら。

この体調の中では、100mは2本ともがんばった。

きょうはこれが限界だったかも。帰りは気持ち悪くなりジョグもできず。立ち止まり休憩をはさみながら家にたどり着く。

ふとんでちょっと休もう。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2017.4.20)

昨日20日、仕事の合間に近所の堤防でトレーニング。

週末に初参加する和歌山のマスターズ陸上に向けたささやかな調整として。

2キロジョグ(キロ5分少し)したのち、流しを2本ほど。

のち、幅跳びの助走走を軽く。リズムを確かめる感じで。中助走の18歩で。

4本歩いて大股で腰を乗せて走り出し、リズムを上げていき、踏切付近でなるべくトップスピードに近い状態まで持っていくイメージで。

スピードを上げようとすると体が反り気味になるので、中間地点から踏切まで若干前傾を意識すると良い感じに。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2017.4.16)

加古川の陸上競技場で練習仲間のレイチェルとトレーニング。

ジョグののち、立五段跳びを。

14m50を目標にやってみると……

14mに遠く及ばず。

ショック。

最近、ウエイトをやったり、坂道で立五段跳びをやったりと、いまの自分にしては体を痛めつけているので少しバネが失われている感じ。

トレーニングの強度を上げる前でも14mはかろうじて跳べていたのに、きょうはどうあがいても無理だった。

和歌山のマスターズ陸上まであと1週間。どれだけ回復するだろうか。

立五段跳びのあとは、幅跳びの助走合わせ。

中助走の28.80、補助助走4mで。

そののち。

50mと100mを1本ずつTT。

50mは6.77。100mは12.47

50mは感覚的にもう少しタイムが出ていると思った。100mは感覚とタイムがだいたい合っている。総じて、思ったよりは体は動いた。暖かかったし。

最後にメディシンボール投げで締め。

***

レイチェルと話をしたが、もしかすると、立五段跳びは体の現在のレベルがもっとも如実に現れる競技なのかもしれない。

なぜなら、静止した状態から跳び出して、自分で勢いをつけながらジャンプしなければならないから。

止まった状態から加速していくむずかしさ。

これは一筋縄ではいきそうもない。

が、やりがいはある。

***

幅跳びの中助走、50m、100mの時速をGPSウォッチではかった。数秒間隔で速度を計測しているのでタイミングの問題でずれもあると思うが、

中助走=瞬間最大時速22.7
50m=瞬間最大時速29.9
100m=瞬間最大時速33.8

こうして数値で客観視すると、中助走のスピードが著しく遅いのがわかる。自分の感覚ではここまで差がついているとは思っていなかった。

ということは、これまでも幅跳びは助走スピードが足りないなかで跳んでいた可能性があるということ。

幅跳びの助走で全力を出すと踏切動作が難しくなるが、意図してスピードを上げていこう。そもそもスピードがないのだから。

その意識づけになったという点で速度を計測した意味はあった。

Continue Reading

陸上トレーニングメモ(2017.4.14)

仕事の合間に近所の堤防でトレーニング。

1キロジョギング(キロ5分ちょい)したのち、50mと100mを。

強い追い風を利用して。

50m(26.5歩)の1本目は8割程度で。7秒ジャスト。

2本目真剣に走り6.77。えー、もうちょっと走れるかと思ったが。

3本目6.74。本気のスピード練習はしていなかったので、足がバタついてスピードが出ない。これからですね。

100m(49歩)は1本だけ。12.44。これはうれしい。思っていた以上のタイム。まあ、追い風参考だけど、笑。

もっとスピード練習をしないと体が動かないと痛感。

最後に、幅跳びの助走のリズムの練習をしようと思ったけれど、ふくらはぎがつりそうになり断念。

速い動きをすると、簡単にゲームオーバーになってしまう。

もっと走りこまないと。

Continue Reading
1 2 3 6