陸上トレーニングメモ(2017.5.29)

Pocket

仕事の合間に近所の堤防で陸上のトレーニング。

座り仕事をしたあとのトレーニングはとにかく体がだるい。

きょうはひざ下がパンパン。とくに前脛骨筋(ぜんけいこつきん、ふくらはぎの前側の筋肉)が。

体をほぐす意味でキロ5分半から6分弱で2キロ程度のジョギングを取り入れている。ジョギングすることで血流がよくなり、少し体が楽になってくる。

ジョグのあと、流しを2本。

これで体がだいぶ動くようになる。

そののち、坂道バウンディングを3本。

集中して3本。いままでで一番跳べた気が。接地のタイミングで力を入れて跳べるようになってきた。腕を意識して使うと距離が伸びた。

のち、50m×1本

刺激を入れる意味で。右側ハムストの筋がはっているので、少し様子を見ながら。それでも6.81。少し向かい風。体感よりもタイムがいい。体が少しずつできてきているのかもしれない。

のち、幅跳びの全助走のイメージ走。18歩で。

最初は大股で腰を乗せて。その後10~14歩程度まで加速。最後15~18歩までリズムよく駆け上がり全力近くに到達するイメージで。ゴーロクシチハチッ!と。

GPSで計測すると全助走走でも50mと同じ程度の速度が出ていた。良い感じ。

ただ、全助走走は疲れる。1本走って体のキレがなくなってしまった。

全助走での幅跳びは、1本目が勝負だ。

※走り始めはひざ下がパンパンにはっていたが、流しのあたりからほぐれてよく動くように。足がはっている日は、意外と温もると調子がよくなるかも。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA