気合いを入れて臨んだ兵庫マスターズ。散々な結果…

今年は試合慣れと体づくりでマスターズを転戦してきましたが、ようやく我らがホーム、神戸ユニバー記念競技場にたどり着いた。兵庫マスターズ。

 

現役時代も含めて初となる1日で幅跳びと三段跳びの2種目に出場。

幅跳び6m01(+1.3)
三段跳び12m38(-2.2)

幅跳びは今年出場した記録がぜんぶ6m00から05以内におさまっているという精密機器ぶりをまた発揮。

三段跳びは、向かい風2メートル以上の向かい風で足が合わず失敗ジャンプ、それが唯一の記録。あとはふくらはぎか痙攣して試合にならず。

体ができていない中で2種目は無理だったみたい。調子よかっただけに残念。。。

和歌山の全日本マスターズで悔しさを晴らします。

それにしても、やっぱりユニバーはいい競技場、跳びやすかった。

***

以上はフェイスブックにアップした内容。

いや~、甘かった。

幅跳びと三段跳びと2種目出場。

試合中に痙攣したのは初めての経験。しかし跳躍競技2種目を簡単にこなしてしまえる体をつくらないと、大きな記録なんて望めないんだろうなと思った。

きょうは調子が良かっただけに、三段跳びの途中で力果ててしまったのが無念。

三段跳びの途中に両ふくらはぎが痙攣、三段跳びの後は左足首の上部がつり、右膝の裏がつった。

ロボットのように歩くしかなく、笑。

まだまだだなあ。

和歌山の全日本マスターズに向けてトレーニングのギアをあげていこう。

ちなみに左足首上部をつったあとの脚。

 

Continue Reading

原稿を書く日々、気づけば秋。

仕事が立て込んでブログの更新がほとんどできていません。

桐生選手が10秒の壁を破って興奮し、ツイッター(@triplewriter)はバンバン更新しましたが、笑。

陸上の練習もなかなかできず。

きょうは仕事がひと段落した夕方に堤防で1時間ほど。

最近あまり動けていないのでいい練習ができました。

なかでもスピードバウンディング。腕の振りと股関節の動きを素早く。とにかく素早く。立ち止まった状態で腕と股関節の素早い動作を繰り返して感覚に定着させたのち、実際にスピードバウンディングをすると、脚を素早く切り替えし、なおかつ腰も乗った良いイメージで動けた。収穫。

***

9月10日の大阪マスターズに立ち五段跳びで出場したけれどさっぱりだめ。

体力うんぬん以前に気力が足りない感じ。

試合後、せっかく競技場にいるので、ということで跳躍ピットで練習。

競技場で練習できる機会が少ないので、14歩の助走のリズムを徹底練習。

良いリズムが体にしみこんだ感じ。

トラック競技が行われていない間を見計らってバックストレートで14歩リズムを意識しながら100m程度を5本。

跳躍のリズムで気持ち良く走った結果、瞬間最大時速(34.1km/h)が出ました。

***

9月18日は我らが兵庫県民のホーム、ユニバー競技場で兵庫マスターズ。

幅跳びと三段跳びに出ます。

台風、早く通過して。お願い。

Continue Reading

40代最初の試合、奈良マスターズ陸上に出場

40代の闘いが始まった脚。

40歳になって初めての試合。奈良市鴻ノ池陸上競技場で開かれた奈良マスターズ。

三段跳びに出て13m01(+1.8)。なんとか13m台に乗せた。

1本目、ヘボヘボジャンプだったが、社会人になってから知り合った先輩にアドバイスをいただき80センチほど伸びた。客観的に見ていただき、的確なアドバイスをいただけたからこその記録。

まだまだこれから。

当面の目標は、M40クラスの兵庫マスターズ記録(13m84)と自分の高校1年時の記録(14m13)の更新。

これらを超えるとまた先が見えてくる。

彩華ラーメン食べて帰りたいがダイエット中なので帰ろ。

(補足)

助走:14歩。27.5m(第2マーク17m)

第2マークの位置が最後まで定まらず。おそらく上記で合うはず。助走は16歩も試そう。

 

***

上記はFacebookにアップした内容。

ここ数ヶ月、ブログにはアップできていないけれど、三段跳びに耐えられる体づくりを続けている。

ウエイトトレーニングではバーベルを背負ったスクワットジャンプ系各種。器具を使った上半身の体づくり。(クリーンは背筋を痛めて控えているが75キロが数回上がる程度まで復活している)

走り込みでは30m~50mのスピード系の走り込みと14歩のリズムを意識した100m程度のスプリント練習。

肝心の跳躍練習はほとんどできていないが、なんとか試合も含めて週に2~3回の練習(兼試合)の時間を確保している。

肉体改造は少しずつ進みつつある。

しかし右ハムストリングは張りが治らず、踏切脚の左足首の靭帯にも痛みが生じてきている。

強度を増したトレーニングを取り入れたい一方、本当に強度を高めると体が悲鳴を上げる。

どこまでやるか、どこでやめるか。

この駆け引き。

40代の体の声に耳を傾けながら、丁寧にいたわりながら、トレーニングを続けていくしかないだろう。

仕事が中心の毎日ではあるけれど、10月の全日本マスターズに向け、できる限りのことをやろう。

 

Continue Reading

30代最後の試合、中国マスターズ陸上に出場

仕事が立て込みなかなか更新できず。

でもマスターズの試合には出ているのでFacebookに上げていた記事をアップ。

***

30代の闘いを終えた脚。

30歳から再開した陸上競技を30半ばでほぼ休み、39歳の今年からまた再開して三段跳びにチャレンジ。

きょう(2017.8.20)は30代最後の試合。津山で開かれている中国マスターズ。三段跳びに出て12m95。

これがいまの実力かな。

30代ありがとうございました。

8月の終わりに40になります。

40代の自分とともに10月の全日本マスターズに向けてまたがんばります。

さ、レイチェルと飯いこう。

(Facebook転載)

Continue Reading

香川マスターズで走り幅跳びに出場。

7月1日に出場した試合結果ですがFacebook掲載分を転載しておきます。

***

はるばる香川マスターズ!

屋島レクザムフィールド、鮮やかなブルータータンの素晴らしい競技場。

室内練習場が充実していて棒高の設備も。

幅跳びに出て6m03。

ここ2試合で記録のある4本すべてが6m00〜05の間におさまっているという。機械のように正確、というか、常に絞り出すようなベストジャンプをしてるのかも、笑。

記録はさておき、自分の体を使い試行錯誤するのが楽しくて仕方ない。今年はまだまだ試合でますよー。

さ、うどん食べて帰ろ。

***

↑と、試合後にスマホでうどん屋を探して訪れたのが「手打十段 うどんバカ一代」。

メニュー名は忘れたが冷たいうどんを頼むと、こんなインパクト大のものが出てきて、笑。

麺のコシともっちり感が絶品で抜群に美味しかった。

さらに驚いたのは店を出たあと。

ふと見慣れたキャラクターだなと思っていると、地元加東市の伝の助くんだった!

地元加東市の〝山田錦うどん〟(高級酒米山田錦の米粉入り・伝の助うどん)が四国で人気とこの記事を読んだのが、香川マスターズの1週間前。

そして試合後にたまたま入った店が、その加東市の〝山田錦うどん〟を出す店だったのです。

僥倖に感謝。加東市バンザイ。

Continue Reading

尼崎ナイター記録会で100mに出場。

またもや尼崎のナイター記録会に出場しました。

しかも中学1年生以来の100m。

中学1年時のベストは13’1。当時、たしか中学1年には幅跳びがなく、あまり得意でない100mに出ていた気がします。記録は伸びず、中学2年以降、リレーや400m以外のスプリント種目で100mに出場したことはなかったので、今回うん十年ぶり。

結果は、12’60(風速0m)

幅跳びとは比べ物にならないくらい、ど緊張しました、笑。

現役時代の100mの記録、ちゃんと計ったことはないけど11’2~3として、この歳でもプラス1秒以内には抑えたいけれど走れない。

GPS計測した結果、ふだん堤防でトレーニングしているときの瞬間最大時速よりも遅かった。競る、というあまり経験のない状況で動きが硬くなり、スピードが出ないんでしょうね。

堤防でのトレーニングは自分でタイムを計っているので、プラス0.1~0.2で考えたほうがいいかも。

ともあれ。

今回、100mに出場したのは体に刺激を入れるため。

その意味では目的は達成。

来週、香川マスターズで幅跳びに出場するので納得のいくジャンプをしたい。

Continue Reading

尼崎ナイター記録会に出場

尼崎ナイター記録会!

何十年ぶり??

幅跳びに出場して6m05(+3.7)。公認は6m04(+2.0)

6m30は跳びたかったけどスピードないからこんなもんです。

懐かしい人に何人も会えて、一瞬だけ“陸上をやっていた自分”に戻れた気がしました。

※全助走 38m +補助助走4m

(Facebook転載)

Continue Reading

第8回50mダッシュ王選手権in奈良に娘と出てきましたー。

昨日の5月3日、家族で恒例になりつつある奈良のダッシュ王選手権に5歳の娘と出場。

娘は今年で2回目でしたが走る前は意外と緊張してました。

結果:1本目12″58、2本目11″92、合計24″50(※5歳児)

一度も練習せずに出たこともあって、ヨーイドンのピストルの音でスタートを切ることができず。出足で遅れてそのままゴール、みたいな感じに。

それでも2本目は大幅にタイム更新。よくがんばりました。

ちなみに、4歳だった昨年の記録は1本目13″87、2本目14″00、合計27″87でした。こうして客観的な数字で見ると1年の成長がよくわかります。

そしてお父さんのほうは。

風邪で体調思わしくなく、ふがいない結果に。とにかく頭痛がひどく、2本目は断念しようと思ったけど、せっかく来たしということで。

結果:1本目6″89、2本目6″87、合計13″76

腰を痛めていた昨年は1本目6″94、2本目6″84、合計13″78。合計タイムで0″02更新、笑。どっちもどっちですわ。

きょうの感じでは6秒5台は難しいけど6秒6~7台くらいはいけそう。

Continue Reading

第40回和歌山マスターズ陸上競技選手権大会に出場しましたー。

23日は、和歌山の紀三井寺陸上競技場で第40回和歌山マスターズ陸上競技選手権大会でした。

マスターズ陸上初参戦&立五段跳び初挑戦!

紀三井寺競技場は高校以来かな。サブトラですけどね。周囲の環境も含めて素晴らしい競技場でした。

初めてのマスターズ陸上、めっちゃくちゃ面白かったー。

80代以上の選手の方々が背筋を伸ばしてかくしゃくと競技に挑んでおられて、この日時点で39歳の僕はヒヨコみたいなものでした。これから数十年競技を続けた先に真のマスターズになれるんやろなと実感。

当日は天気に恵まれました。

結果、立五段跳びは14m10(M35クラス)、幅跳びは中助走で5m81(M35クラス)。

立五段はM40、M45クラスの全日本マスターズ記録保持者が出場されていて、この日も15mオーバーのジャンプをされてました。スゴイのひと言ですが、同時にそういう先達の姿を見ると俺もまだまだいけるんちゃうかと勇気をもらえますね。立五段、いまは面白いほど跳べませんが、面白いほど跳べるよう練習がんばろう。

幅跳びは立五段のあとで、しかも練習を一度もせず挑んだので記録はいまいちですが、感覚的には悪くなかったので、まず全助走で跳べるようちゃんと練習したいと思います。

大学の先輩方にもお会いできて、天気も抜群に良くて楽しい一日でしたー。

(Facebookからの転載)

Continue Reading

神戸ユニバーリレーマラソン2017完走!

神戸のユニバー記念競技場で行われた「神戸ユニバーリレーマラソン2017」にレイチェル会(という名の大学時代からの仲間の集まり)のメンバー4人で出場して完走しました。チーム名もズバリ「レイチェル会」。

1周約2キロのコースを「たすき」をつなぎながら計21周するというレースで、1人が何周走ってもOKというルール。ぼくらは均等に1人×5周プラス、いちばん長距離の得意なメンバーがもう1周走りました。

記録は3時間10分53秒。

たすきをつなぐ、これが何とも青春で、メンバー一丸となって走れました。楽しかったなー。

メンバー全員の記念写真は友だちの子どもも写っているので、撮ってもらった自分の写真を。

計5本の自分のタイムは以下。

2周目   08:57
6周目   09:07
10周目 08:55
14周目 09:11
19周目 08:31

予想以上に走れました。ふだん一人で走る際はキロ5分を切るのもしんどいのに、とくにラストはがんばった。これも、たすきの力かも。

いいレースでした。おつかれさん。

Continue Reading