リアルよりウェブのほうが人見知りする?

Pocket

このブログは2016年2月1日にオープンしたので、今日時点で1ヶ月と少し経ちました。

なんというか、思いのほか苦戦しています。苦戦というのはアクセス数がどうのこうのという外部の反応ではなく、手ごたえがいまいちつかめないという内面的な問題。

とにかく文章が硬くなる。かしこまった感じになる。就職活動に励む学生がスーツを着こなせていないのと同じように、ブログの文章にこなれ感がないというか。ライターなので文章を書くのはプロなわけですが、自分のことになると、とたんにペンが無口になってしまう。

こういう状態は、ブログ立ち上げ直後に多くの人が陥るみたいです。なにかいいこと言わないといけない、ちょっとしたものの見方や独自の切り口を披露したい。そうやって背伸びした結果、ふくらはぎがつって立っていられなくなる。

ここからが勝負かもしれません。ふくらはぎがパンパンにはってきて、賢そうな記事を書こうとしてもいよいよネタが尽きてきて。開き直ってからがほんとうのブログのスタートなのかもしれません。

***

ウェブでの情報発信という意味では、2000年にHTML手打ちで独自サイトを開設、2005年頃にはアジア旅行記のサイトを立ち上げ人気サイトに育ちました。フリーランスになった2008年には陸上のトレーニングブログをつくり、マニアックな情報発信を続けてきました。ウェブ遍歴はわりと長いのに、そしてこれらのサイトやブログでは自分らしさをおそらく出せていたのに、このブログはいまいちつかめない。

なんでかと考えると……

・書いている本人が楽しんでいるか
・だれに向けた記事なのか、ディスプレイの向こう側の人が見えているか
・だれの役に立つ記事なのか
・自分をさらけ出す覚悟があるか

このあたりが漠然としている点に問題があるかなと思えたり。

ところがいざディスプレイの向こう側の「あなた」に向けて何かを伝えようと思うと、なぜか恥ずかしい(笑)。

これまで運営してきたサイトやブログはプライベートなものでしたが、このブログは仕事の肩書き(走る編集ライター)の受け皿的意味合いを持たせている点ももやもやと関係しているかもしれません。

いずれにせよ、リアルの対面だとお互いを見せ合うわけだけど、ウェブの場合、ディスプレイの向こう側の「あなた」はぼくにはわかりませんから。

もしかすると、ウェブのほうが、(空想の)人見知りをしやすいのかもしれない。

ということがわかったこの1ヶ月でした。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA