企業出版の本づくりに携わる醍醐味。

企業出版として出される書籍の執筆をはじめて10年ほどになりました。

企業出版とは、著者となる社長さんや企業自体が出版費用を負担してつくる出版形態のことです。

商業出版と企業出版の違いのひとつは出版フィーをどちらが負担するかということですが、執筆を請け負うライターとしてのいちばんの違いは「出版社主導の企画内容か」「著者主導の企画内容か」という点です。

商業出版は、基本的には出版社が世に問いたい内容を企画して著者に執筆を依頼します(著者持ち込み企画の場合は別です)。それに対して企業出版は、著者が世に問いたい内容を出版社に持ち込んで制作を依頼します。

企業出版として出される書籍の執筆を請け負う場合、ライターは著者が世に問いたい内容をヒアリングし、その内容をもとに企画構成して文章に落とし込んでいきます。

***

ここに落とし穴があります。

それは、著者が世に問いたい内容は、世の中の人がほんとうに知りたい内容なのかということ。

著者の伝えたい内容と読者の知りたい内容にミスマッチが生じていた場合、本の出版は著者の自己満足に陥ってしまうリスクがあり、読まれない本として市場に出てしまう可能性がある。

だから、ぼくのような書籍ライターは、著者、出版社の編集者と3者で「あーでもないこーでもない」と喧々諤々、著者が世に訴えたい内容と読者が知りたい内容をすり合わせていくクリエイティブな作業を続けることになります。

企業出版の書籍づくりが成功するかどうかは、この「あーでもないこーでもない」作業がうまくいくかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

著者、編集者、ライターの3者が信頼関係で結ばれているからこそ、この調整作業はうまく運んでこれ以上ないという落としどころが見つかることが多いです。

***

こうやって3人4脚で企画構成を練りに練ったうえ、取材に入り、執筆を始めるのが書籍ライターとしての理想のプロセスです。

その企画構成にいたった紆余曲折をみんなで共有している。その企画構成で進めようという企画決定までのプロセスをみんなで共有している。

そうやって3者が企画構成について共通認識をもっておくことで、書籍ライターは自信をもって執筆に入れます。各方面への不必要な配慮といった雑念もなく、純粋に「いい原稿にしあげよう!」とおのずと筆に力が入ります。

さらに企画構成をみんなで共有しているから、書籍ライターは1本筋のとおったブレのない原稿を書きやすくなります。

そうやって書かれた原稿は著者にとっても自分の思いとズレがすくなく、編集者にとっても修正がすくない「よい原稿」になりやすいです。

そんなプロセスを経てつくれた本には、信頼関係で結ばれた3者の思いがぎゅーっと詰まっているから、読者にとっても読みごたえがある「よい本」になってくれる可能性が高いです。

そんな企業出版に携われるのが、書籍ライターとしてのいちばんの醍醐味です。

企業出版に関するお問い合わせはこちら

関連ページ:企業出版をお考えの経営者の方々へ

Continue Reading

ライターだからできる企業出版支援

 

なぜ書籍ライターのわたしが

企業出版支援を行うのか

企業出版の相談に応えられないという忸怩たる思い

書籍ライターのわたしはこれまで60冊以上の書籍の執筆に携わってきました。

書籍ライターとは、その本の著者となる経営者やコンサルタント、士業の先生方からお話を伺い、著者に成り代わって一冊まるごと原稿を執筆するライターのこと。何度も何度もインタビューを重ね、著者のお考えや伝えたいメッセージを心に叩き込み、読者が求める文章としてかたちにしていく役目を負っています。

この書籍ライターとして本づくりにかかわる仕事を長く続けていると、お付き合いのある経営者の方々から「本を出したい」というご相談をいただく機会があります。

商業出版(出版社が制作費を負担し、出版社の企画で本を出すこと)を希望される方に対しては私自身も経験がないことも含めてお断りをしてきました。

一方、企業出版(著者が制作費の全部または一部を負担し、著者のリクエストに応じて出版社が企画・構成して本を出すこと 企業出版のメリットはこちら)を検討されている方の場合は要望を伺ったうえ、希望に応えられる出版社があればご紹介してきました。

ですが私自身、出版社をたくさん知っているわけではありません。

出版社といっても全国に3000社以上存在し、大手から中小零細まで規模も違えば取り扱う書籍のジャンルも異なります。企業出版というくくりでいえば出版費用、企画や構成の立て方、経営や事業のコンサルティング要素を踏まえた書籍づくりをしているかどうかなど、条件や制作の理念、プロセスなどまったく違ってきます。

数社の出版社しか知らない状況のなか、相談を受けた経営者の希望に沿うご提案をすることがかなわず、結局、お断りをするようなこともありました。

企業出版に立ちはだかる出版費用の問題

たとえば企業出版に立ちはだかる壁のひとつは出版費用です。大手出版社やその系列出版社から出す場合は高級車一台分の料金が必要となるケースもありますし、中小出版社の場合はその数分の一ほどの料金に抑えられるケースもあります。

本を出すからには、大手出版社のブランド力やネームバリューにあやかりたいというのが本音でしょう。

だからといって高額の出版費用をねん出するだけの余裕があるわけでもない。ならば中小の出版社から低料金で本を出すとして、果たして企業出版を成功させることができるのだろうか。書店に本がきちんと並ぶのだろうか――。

そんな悩みや疑問を持つ方々の要望をつぶさに伺ったうえ、数ある選択肢の中から最善だと思える出版社をご提案することが私の力ではできませんでした。

企業出版で本を出したい方の期待に応えなくていいのか

私自身は数社の出版社とのお付き合いのなかで仕事を頂戴し、安定してライターという職業を続けることができています。とくに企業出版というジャンルに特化し、これまで60冊以上の本づくりにかかわってきました。

自分一人だけのことを考えるとそれでいいかもしれません。

ですが、ご提案するだけの力がないという理由で、今後も企業出版の相談をお断りし続けていいのだろうか。企業出版で本を出したいという方の期待に応えなくていいのか。ここ数年、ご相談いただくたびにそうした葛藤を抱え続けてきました。

著者と出版社の

中立的立場だからこそできる

企業出版のアドバイスがある

経営者の方々が書籍ライターの私に企業出版の相談をされる理由。

それは、ひとつの出版社に属さない中立的な立場で企業出版の相談ができるからだと思います。

私自身もふだんの仕事では、著者と出版社のあいだ、いうなれば読者の立場で本づくりをするよう意識してきました。

こうした中立的な立場で仕事をしていると、出版社ごとに本づくりの考え方やプロセス、読者へのアプローチの仕方の違いがあることがよく見えてきます。

この書籍ライターとしての立場と視点、経験を、企業出版を検討されている経営者の方々は求めているのだろうと考えました。

そうであるなら、書籍ライターとして10年以上活動してきた経験とノウハウをもとに、企業出版を検討する方々に有益な情報をご提供できるのではないか――その思いのもとに企業出版支援を行うことにしたのです。

私自身、現役の書籍ライターとして活動しているため、企業出版の本づくりをよく理解しています。自分なりに企業出版を成功に導くための研究も行ってきました。

さらに出版社の人間ではないため、著者の希望をもとに出版社を客観的な視点でご紹介することができます。

この企業出版支援を行うにあたり、現在、企業出版やカスタム出版事業を展開する出版社とのつながりを増やしています。

各社の企業出版の強みや理念、制作プロセス、出版費用などをヒアリングしたうえ、企業出版を検討する経営者の方々の希望に応じた出版社をご提案できる体制を築いています。

企業出版に関するお問い合わせはこちら

関連ページ:企業出版をお考えの経営者の方々へ

Continue Reading