気合いを入れて臨んだ兵庫マスターズ。散々な結果…

Pocket

今年は試合慣れと体づくりでマスターズを転戦してきましたが、ようやく我らがホーム、神戸ユニバー記念競技場にたどり着いた。兵庫マスターズ。

 

現役時代も含めて初となる1日で幅跳びと三段跳びの2種目に出場。

幅跳び6m01(+1.3)
三段跳び12m38(-2.2)

幅跳びは今年出場した記録がぜんぶ6m00から05以内におさまっているという精密機器ぶりをまた発揮。

三段跳びは、向かい風2メートル以上の向かい風で足が合わず失敗ジャンプ、それが唯一の記録。あとはふくらはぎか痙攣して試合にならず。

体ができていない中で2種目は無理だったみたい。調子よかっただけに残念。。。

和歌山の全日本マスターズで悔しさを晴らします。

それにしても、やっぱりユニバーはいい競技場、跳びやすかった。

***

以上はフェイスブックにアップした内容。

いや~、甘かった。

幅跳びと三段跳びと2種目出場。

試合中に痙攣したのは初めての経験。しかし跳躍競技2種目を簡単にこなしてしまえる体をつくらないと、大きな記録なんて望めないんだろうなと思った。

きょうは調子が良かっただけに、三段跳びの途中で力果ててしまったのが無念。

三段跳びの途中に両ふくらはぎが痙攣、三段跳びの後は左足首の上部がつり、右膝の裏がつった。

ロボットのように歩くしかなく、笑。

まだまだだなあ。

和歌山の全日本マスターズに向けてトレーニングのギアをあげていこう。

ちなみに左足首上部をつったあとの脚。

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA