「はかなさ」の奥にあるもの

Pocket

「桜ってなんできれいなんやろ」

嫁さんとそんな話になりました。

「そら、はかないからやろ」

「なんではかない?」

「そら、すぐ散ってまうからやろ」

「でもすぐ散る花ってほかにもあるよね」

「せやなあ……」

ここでふたり、立ち止まりました。

立ち止まり、考え、

「桜にはたくさんの思い出が付着しているからとちがうやろか」

というような漠然とした結論に至りました。

4月は出会いと別れ、期待と不安、入り混じった季節……なんてありきたりなことはいいません。

みなそれぞれ桜に思い出がある。

いや、桜を見るとなんとなく立ち上がってくる感情がある。

その思い出、感情にもう少しひたりたいのに、願いむなしくすぐ散っていくのが、なんとなく寂しいのかも、と思ったりして。

思い出がはかなさを生み出しているのなら、年齢を重ねるほどに桜は美しくなっていく。

年をとるのもいいもんだ。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA