ライターのぼくが時間を大切にするようになった失敗談(3)

Pocket

③ 自分の失態で誰かの信用に傷をつけるリスクを知った

フリーライターになってからの8年間で2回の遅刻。1つは、「ライターのぼくが時間を大切にするようになった失敗談(2)」で取り上げました。

もう1つは完全に自分のミス。ぼくが時間にこだわる原体験の2つ目でもあります。この話にふれるのは勇気がいりますが、自戒を込めて書き残しておきます。

***

その恐怖の電話は突然、やってきました。

「高橋さん、いまどこですか?」

ぼくは自宅のデスクで原稿に追われていた最中で、

「家で原稿を書いていますよ」

と答えました。

「えっ」

と電話先の相手の方。

「取材、今日ですよ……〇〇で待っています」

あまりにもの衝撃で、さまざまな思いが脳裏を駆け巡りました。

しかし力づくで我を取り戻し、すぐ取材の依頼メールと自分の手帳を見比べて、

「終わった」

と首を垂れました。

間違えていたのはもちろん自分で、待ち合わせの時間だったまさにそのとき、自宅のデスクにいたのです。

***

次の瞬間、ある方の顔が思い浮かびました。

ぼくとクライアントをつないでいただいている方です。ぼくが遅れた場合、その方に迷惑がかかるのは明白でした。

自分が全責任を被るのならまだしも、自らの失態でほかの誰かの信用に傷をつけることになる。

これほど辛いことはありません。

倒れそうになるのを踏ん張りながら、即座に取材の準備をして家を飛び出し、現地に直行。関係者の方々のあたたかいご協力のもと、何とか乗り切りました。

仕事を失う覚悟をしていましたが、その後も継続して発注いただいています。このご恩は一生をかけて返していこう、そう心に留め置いています。

***

何のとりえもないライターですが、唯一、自信を持っていたのは「時間を守る」ことでした。

ぼくの父方の祖父は「時計のように正確な人」と近所の人たちの評判だったそうです。毎朝、決まった時間に家を出て、同じ道を歩いて仕事に通っていたからです。

その祖父の血を受け継いだ父も同じような性格の人で、その祖父と父の血を受け継いだ自分も時間を大切にしていました。

ところが、自分の背筋を伸ばしていたその自信が、失態によって完全に折れてしまったのです。

もう二度と同じ失敗は繰り返さない。その宣言のために、あえてこの話を書きました。

***

なぜ取材の日にちを間違えたのか。自分なりに頭を整理して原因をまとめました。それをもとに自分なりの再発防止策を立てて実行しています。

もう一度、自信を育てられるように。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA